第1回社内勉強会

先日弊社で初めて社内向け勉強会を開催しました。

現状の弊社の教育体制について少しお話ししますと、基本的に入社後1〜2週間ほど研修期間を設けていまして、その間に弊社でメインで使われる技術(PHPフレームワーク)を勉強してもらい、その後はOJTで業務をしながら学んでもらうというやり方をとっています。

しかしながら最近は少し所帯が大きくなってきていることや、使う技術がプロジェクトによって異なるケースが増えてきていることもあり、各自の技術力の向上や引き継ぎを容易にするためにも社内で使っている技術を全体にシェアした方がいいと思うようになってきました。

また開発における問題解決能力や論理的思考能力を養い技術者の基礎体力を向上させることで、生産性をより一層向上させる必要性も感じていたため、勉強会を開催する運びとなりました。

1回の内容は以下の通りとなります。

  1. Monacaの紹介
  2. CakePHPのソースコードリーディング
  3. アルゴリズムのプログラミング課題(宿題)

ひとつめのMonacaですが、アシアル株式会社が開発しているハイブリッドなスマホアプリを開発できるツールとなります。弊社でも幾つかのプロジェクトで採用しています。

Monaca詳細につきましては以前に書いた記事をご覧ください。

こちらが勉強会で使用したスライドです。

今回はMonacaの紹介ということでさほど深いところまでは話していなかったのですが、参加者からは多くの質問が出てきて予想以上に盛り上がりました。

 

ふたつめは弊社で普段使用しているCakePHPというWebフレームワークのソースコードリーディングを行いました。CakePHPRuby on Railsの影響を受けて作られたフレームワークで、高機能で習得がしやすいのが特徴です。

PHPはオブジェクト指向も使えるプログラミング言語ですが、フレームワークを使って開発をしているとあまりオブジェクト指向を意識しないでも開発ができるので、ある意味メリットといえばメリットなのですが、技術の基礎体力という意味で言いますと実用的なケースを参考に理解をしておくほうがいいといいと感じています。他にもリフレクションを用いた依存性の注入や、ORマッパーでのSQLの生成過程を通じたDSLの作成方法などフレームワーク開発におけるスタンダードを比較的高品質なコードで学べるとともに、有用な関数や変数などをソースを読むことで知ることができたりと、ソースコードリーディングを通して得られるものは多いと感じています。

こちらがスライドです。実際にはこれに加えてシーケンス図やソースコードを見せながら解説をしました。

sequence_diagram_cakephp_routing

今回はCakePHPのルーティングに焦点を当ててリーディングを行いましたが、次回以降はコントローラやモデル、それ以外の機能についても見ていこうと思っています。

実際にやってみた感想としては、CakePHPを長く使っている人ほど得るものが多かったように感じました。今後何か新しいライブラリやフレームワークを学ぶときの一助となればと思います。

次回は5月に開催の予定となりますが、弊社のエンジニアにもなにかプレゼンをしてもらう予定です。結果については、後日この場を借りてご報告させてもらおうと思います。

広告

コーディング実績

弊社はシステム開発がメインの会社なのですが、去年末くらいからコーディングのご依頼を頂く事が増えてきました。自社のサービスも進めて行きたいと考えていますので、社内に何名かコーダーを雇用しています。

いくつかご紹介できる実績が出来ましたので、ここでご紹介させて頂きます。

りらく

1.りらく様 (https://riracle.com/)

システムも含む、ホームページのフルリニューアルを担当させて頂きました。ブランド名の切り替えで、コーポレートサイト含むリニューアルでしたが、1か月今日の短納期でリリース出来ました。

 

ots

2.オンコセラピー・サイエンス様(http://www.oncotherapy.co.jp/)

こちらはシステム開発はありませんが、Wordpressにて更新頻度の高いページを更新しやすいように組み込みつつ、コーディングさせて頂きました。

弊社の規模のシステム開発会社ではコーディングをやらないところが多いようで、それが一緒に出来るとデザイン変更に柔軟に対応できるというメリットがあります。

コーディングだけでももちろん構いませんが、コーディングも含めたシステム案件のご用命をお待ちしております!

 

フィリピン人のDIY精神の結晶

フィリピンに数年住んでいると、フィリピンの人々のある点に気付きます。
それは・・・何でも自分で作ってしまうDIY精神。

屋台、ショーウインドウなども手作り、家の屋上にさらに建屋を作るなんていうのも
家族の中で器用な人が自分で作ってしまいます。

ただし、クオリティは高くなく、壊れたら直せばいいやという感覚。とはいえ、だからこそ
面白いものが生まれることもあり、日本とはまた違ったものづくり精神をときに感じます。

電子機器すらも、黒檀などの素材でオリジナルデザインのものを作ってしまうツワモノも・・・。
最近マニラで流行っているのが、チェーンではない独立系のハンバーガー屋さんです。
牛肉かどうかもわからないペラペラのハンバーグが挟まったものが主流だったフィリピンのハンバーガー
屋台事情ですが、この2、3年で大きく変化し、リーズナブルでとてもおいしいハンバーガー屋台が
続々登場しています。なかには200ペソで直径30CMほどの巨大なハンバーガーを販売しているお店も
あり、ハンバーガー屋台巡りも楽しい今日このごろ。

お勧めのハンバーガー屋台はいくつかあるのですが、今回紹介するのは、Shaw bourvardという場所の
裏通りにあったハンバーガー屋台。

フィリピンの発音でショーボリバード。オルティガスとともにIT企業やコールセンターなどが集まり、
フィリピン人の平均年収の倍以上を稼ぐ優秀な若者が多く働くエリアです。

ベーコン、チーズなどをトッピングしたChunky burger 100ペソ(約220円)をオーダー。
見るからにハンバーガー好きだろ!という体型のスタッフが、オーダー後丁寧に作ってくれます。
100%ビーフの触れ込みには偽りなく、とてもジューシーで肉を堪能できる味わい。

近所の仲間と、こんなハンバーガーあったらいいよな!と盛り上がってお店にしてしまったであろう
ことは間違いありません。

マニラIT飲み会

3月3日(木)に第3回マニラIT飲み会が開催されました。
平日にも関わらず30名以上の方々が参加されました。
今回のプレゼンター

CREATIVEHOPE PH INC.

北川さんによる、フィリピンにおける人材採用事情と求人媒体活用法
のお話をしていただきました。

IMG_20160303_201507

個人的にも仲良くさせていただいてる北川さん
非常に求人関係の事を勉強されていて大変勉強になりました。

そんなCREATIVEHOPE PH INC.様の新しいサービスがこちらになります。

https://jobgantic.com/

10299218_10154012020083817_1032621124_n

 

 

 

 

Monacaでモバイルアプリ開発

弊社では現在Webアプリ開発のほかスマホアプリの開発も行なっております。

スマホアプリの開発をする場合は一般的に、iOSではObjective-CもしくはSwift、AndroidではJavaを使うかと思いますが、弊社ではMonacaという和製の開発環境を使っています。MonacaはWebの技術(HTML、CSS、JavaScript)だけでiOS/Androidの両方に対応したアプリを同一のソースコードで作成できるのが大きな特徴です。

今回はMonacaの特徴とメリット・デメリットについて書こうと思います。

特徴

  • クロスプラットフォームに対応しiOS/Android/Windows/Google Chromeのアプリの作成が可能
  • Apache CordovaプラグインによりカメラやGPSといったネイティブの機能へのアクセスが可能
  • Local StorageやWebSQLデータベースを使用することでアプリ上にデータの保存が可能
  • スマホアプリのUIを簡単に作成できるOnsenUIが使用可能
  • MonacaのクラウドIDEを使うことでWebブラウザだけで開発が可能
  • MonacaのLocalkitを使うことでローカルで好きなエディタを使って開発が可能
  • Push通知などのバックエンド機能はNifty Cloud Mobile Backendなどが利用可能
  • Monaca Debuggerを使うことで実機がなくても動作確認が可能

 

メリット

  • クロスプラットフォームに対応しているため、例えばiOSとAndroidの両方に対応したアプリをひとつのソースコードから生成でき、開発工数を大幅に短縮できる
  • Webの技術を使って開発できるので、Webのバックグラウンドがある人にとっては技術の習得にかかる時間が少なくて済む
  • アプリのビルドはMonacaのリモートサーバで行えるため、ビルド環境を自前で構築する必要がない(MacがなくてもiOSアプリのビルドができる)
  • Webの開発工程(デザイン→HTMLコーディング→実装)と同様の工程で開発できるので、スマホアプリ開発専用の人材を新たに確保する必要がない

 

デメリット

  • ネイティブアプリと比べると速度面で劣るため、ゲームなど高いパフォーマンスを必要とするアプリは不得意
  • ネイティブ機能が使えるかどうかはCordovaプラグインの対応状況に依存する(Cordovaには1000近いプラグインが登録されているので大抵の機能には対応していると思われるが、最新の機能への対応はネイティブと比べると遅い)
  • サードパーティのCordovaプラグイン(Facebook、AdMobなど)を使う場合は有料会員になる必要があり、それなりに維持費がかかる(年額2・5・8万円の3プラン)

 

半年間ほど自社の開発でMonacaを使ってみましたが、おおむね満足いく機能で開発も快適に行えました。特に弊社で開発しているとあるアプリは最初にAndroid専用として作成した後、iOSに対応させたのですが、予想していたよりもかなり簡単に対応できたことがとても驚きでした。

今後はスマホアプリ開発のノウハウなどについてもいろいろと書いていこうと思います。

Bourbon

私たちynsは今sass+sassライブラリを使って自社フレームワークを製作中です。
フレームワークというより自分たちの使うmixinの集合体のような物になりそうですが。
このアプローチが正しいのかはわかりませんが

  • 作業効率アップ
  • 時間短縮

を目指して製作中です。

なぜCompassではなくてBourbonかというと、
軽量でシンプルという所に一番心惹かれました!
最低限のものだけ用意してくれていて、後は自分たちが組み立てていく、
そんな感じでCompassではなくBourbonを選びました。

またsassに触ったのは始めてだったのですが、
階層通りに記述していくとその階層の通りにセレクタを出力してくれるので、
cssより簡単で整理されていて使いやすいです。
計算ができるのも便利です。
変数を使えるので可視性を上げた記述にもなるのではないかと思っています。

ただし、チームで編集するときは、当然ですが命名規則などしっかりしておいた方が良さそうです。
グチャグチャになります。

フレームワーク制作にあたって課題も少々ありますが、
がんがん使い込んでいこうと思います!

日本(東京・成田)⇔ マニラの飛行機について

img_0今までずっと日本(成田)⇔マニラの移動はJAL派でしたが、今年はANAに
切り替えるつもりです。(既に昨日数年ぶりのANAフライトで日本に帰国してきました。)

もともと、日系の航空会社では、数年前まではJALしか就航していませんでした。
それが、最近ANAが就航を始めました。しかも、JALは成田⇔マニラなのに対し、
ANAは羽田・成田⇔マニラです。羽田が使えるのは大きいです。

さらに、2014年後半から、ANAとフィリピン航空がマイレージで提携し、
フィリピン航空に乗ってもANAのマイルが貯まるようになったようです。

フィリピンに住むメリットの1つは、他の東南アジアと近く旅行も視察もしやすいこと。
フィリピンから日本以外に国に行く際は、フィリピン航空など日系以外を使うしか
選択肢がありません。

・・・という
1.羽田が使える
2.マイレージで提携
という2つのメリットを出されれば、長年JALを愛用していた者としても切り替えを
検討せざるを得ません。

なお、JALはマニラのニノイアキノ国際空港のターミナル1着、ANAはターミナル3着です。
世間の評価は、
・ターミナル1は汚い、危ない
・ターミナル3は綺麗
だと思います。

ただ、最近ターミナル1は急激に改装され、以前の汚いという評価はもはや
無いはずです。
また、ターミナル1はタクシーがすぐに捕まるのに対し、ターミナル3は
捕まりにくく、結果的にぼったくりタクシーに乗る事になる可能性が高い
というデメリットがあるのですが、あまりクローズアップされていません。

なので、自分はターミナル1の方が好きだったりします。慣れているだけ
という可能性もありますが。

いずれにしろ、今年はANA切り替えを決めましたので、俗にいう「修行」の年です。
なんとか達成できるよう頑張りたいと思います。

遅ればせながらクリスマスと新年のご挨拶

image1

既に年も明けてしまいましたが、年末はフィリピン最大の行事「クリスマス」と
「クリスマスパーティー」があり、弊社でも開催させて頂きました。

10月頭からクリスマスの計画を行い、11月にパーティーの内容を検討、ギフト等の
買い出しを行いました。

前に他社のクリスマスパーティーに参加させてもらったことがありましたが、そこでも
ゲーム満載のクリスマスパーティーで、日本人はポカーンでした。
が、今回は自社開催。同じくゲーム満載でしたが、なんか感慨深いものがありました。
食事も美味しく、予想以上に楽しめました。


さて、変わって新年。
去年はフィリピン人スタッフ1人から10数人への拡大、サービスの仕込みや
パートナー、クライアントの開拓等いろいろ行いました。

今年も引き続き種まきは行っていきますが、去年撒いた種をちゃんと育てられるよう、
去年以上に社員一同力を入れて頑張りたいと思います。

今年もよろしくお願いいたします。

インターン終えた奈良田くん!

フィリピンYNSでのインターン生、奈良田くんが日本に戻ってきました。

奈良田くんは、5ヶ月間をYNSで働き、彼のインターン生活はプログラミングの勉強を中心に頑張りました。
フィリピン人スタッフとは得意な英語でコミュニケーションをとり、日本人とは飲みにケーションでオフィスの皆と仲良くしておりました。

そんな彼がなんと!帰国翌日に日本に出張中の私、高砂まで会いに来てくれました。
山梨のど田舎から2時間かけて東京までありがとう~~♪

そんな奈良田くん今後の活躍を期待してますよ。

がんばれよ~~~むね!!

マニラIT飲み会を開催しました

ご報告が遅くなりましたが、12/10に第2回マニラIT飲み会を開催しました。

フィリピンの12月はみんなバタバタのはずですが、運営入れて50名程度の方にご参加頂きました。
ご参加いただいた方ありがとうございました。

当日は、日本から来られていたゲストのアテンドで、
・Gullverさん(BPO)
・フィリピン証券取引所(見学)
・Green Beltで食事
・ジェトロ訪問(フィリピン概況説明)
・BDO(銀行)(フィリピン経済について)
をレクチャー頂きました。

IT飲み会では、VALUEASIA PHILIPPINESの三宅さんより、フィリピンのVISA事情を
プレゼン頂きました。

今後、年数回程度の頻度で開催していきたいと考えていますので、
お時間の許す方は是非ご参加いただければと思います。

今回はじめてこの手のイベント運営に関わらさせて頂きましたが、良い経験になりました。

(メインの画像はジェトロさんからの景色。景色を見るだけでも価値があります!)